検索エンジン対策(SEO)にブログは意味がないのか?

nomeaning

検索エンジン対策(SEO)にブログは意味がないのか?

皆さんブログ書かれていますか?では何のためにブログを書いているのでしょうか?

自社サイトでブログを書かれている方の多くが、『検索エンジン対策(SEO)のため』、ではないでしょうか。

面倒だけど、上司に言われて嫌々だけど、もう辞めたいけど、書くことがないし・・・。

この様な方の書かれているブログを拝見すると、ブログの内容に、もろ『嫌々感』が出ています。ご本人が嫌々書いているブログを、誰が読みたいと思うのでしょうか。

『日記のようなブログでも毎日書いていたら検索エンジン対策になるから』、とおっしゃってる方がいました。どこにその様な事が書かれていたのでしょう?

日記を書いて読んでもらえるのは、有名人、芸能人だけです。一般の方が、どんなに頑張って毎日日記を書いたとしても、ほぼ読まれません。

弊社がホームページ制作したお客様に、ブログを始められてはいかがでしょうかとお話しする事がございます。

はい、矛盾していますね。

読んでもらえないのに、ブログを書く意味はあるのでしょうか? 時間の無駄でしょうか?

ブログを書く『意味』はあるんです。

例えば、食品メーカー様が、健康・ダイエット関する情報ブログを立ち上げる。

旅行会社様が、添乗員しか知らない、世界各地の穴場情報ブログを立ち上げる。

法律事務所が、法律うんちく情報ブログを立ち上げる。

資格試験合格者が、試験対策情報ブログを立ち上げる。

ブログを書いているのは、みんなプロフェッショナルのライターさんでしょうか。

中には、外部のプロのライターさんにブログを依頼されている方もみえますが、ブログの多くは、『中の人』によって書かれています。

どうして中の人がブログを書いた方が良いのか?

中の人にしか知りえない事、中の人にしか経験できない事、心温まる話、悲しい話、感動した話、つらかった話など・・・。

ブログを書いている『中の人』は、初めからいきなりブログをスラスラ書く事が出来たでしょうか。

何事も経験です。記事を書くことを重ねるうちに、書くことが上手くなっていきます。何を書けば良いのか悩まなくなります。だんだん書くことが楽しくなっていきます。

嫌々ブログを書いていた時とは大違いですね。

まず慣れる事、書くことに慣れるためには日記でも良いんです。誰かに読んでもらえなくても良いんです。書くことに慣れてきたら、過去に書いた自分のブログ記事が恥ずかしく感じる事があります。だったらその記事は削除すれば良いんです。

まず書くことに慣れ、書く楽しみを知り、読んでくれているかもしれない読者の方に感謝をすることです。

ブログは嫌々書くなら、本当に時間の無駄なので、それは辞めるべきです。何の意味もありません。

ブログを書くことに慣れてきたら考える必要がある事は、どんな人に向けてブログを書くか。誰にブログを読んでもらいたいか。書いているブログは、果たして誰かの役に立っているのだろうか。

お客様からよく相談を受けること、その業務に係わっている人にしかわからないトラブルやその解決策、あなたしか知らない業務のうんちく話、ありませんか?

例えば

工務店を営んでいる方でしたら、ちょっとした日曜大工のコツ、リフォームの見積もりの取り方。

美容院を営んでいる方でしたら、夜洗髪したのに朝までサラサラが持続しない人の髪の手入れの仕方(私はとても知りたい)

飲食店を営んでいる方でしたら、そのお店で提供している料理のレシピをこっそり公開

その業種、そのサービスに携わっている人にしかわからない、みんなが知りたがっていること。敷居が高く、中々電話では問い合せしずらいこと。

そんなことをブログに書いてみてはどうでしょうか。

SEO対策、検索エンジン対策と言う言葉ばかり先行して、みなさん肝心なことを忘れていませんか?

検索エンジンなんて、ほんとどうでもいいんです、検索エンジンには感情はなく、単なるロボットです。

大事なことは、ホームページを見て欲しい、ブログを読んで欲しい人が、読みたくなるブログか。その人の何かの役に立つかです。

あなたがポジティブな気持ちで、いつも楽しんで、誰かの役に立つか常に考えてブログを書いていれば、きっと『その誰か』に読んでもらえます。

『その誰か』がブログを読んで、『その誰か』の役に立てば、ロボットである検索エンジンも笑顔になります(多分)。

そしていつか、あなたのホームページの検索順位は自然に上がっていきます。

そしてあなたのホームページに訪問者が増え、あなたはまた更にポジティブになり、楽しくブログ書く。どんどん好循環が生まれます。

だから、ブログは検索エンジン対策になるのです。

おお、きれいに結べた。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です